貸金業法の総量規制対象外なのは銀行

貸金業者からの借入れや、消費者金融などの貸金業者に対して、定められているのが貸金業法の法律です。
消費者金融は無人契約機やテレビCMな銅を利用して業績の拡大を図ったのは、1990年代から2000年初めのことであり、返済できないレベルの借金を抱える人が増えました。
国内でも多重責務者数が増加をしたため、改正貸金業法が成立されて、2010年より施行されています。
費者金融は昔はサラ金と呼ばれていて、これにクレジットカード会社からの、簡単で便利なキャッシングも気軽に利用ができたため、社会問題となったのが返済しきれない借金を抱えた多重債務者です。
貸金業法の法律として総量規制がありますが、お金の借りすぎを防ぎ、業者側の貸しすぎにも歯止めをかけることになります。
貸金業者を利用して借金ができるのは、その人の年収の三分の一までであり、それを超えてしまったら借り入れはできません。
法律の規制が行われたこと、また過払金請求の広がりも手伝って、消費者金融側も業績を悪化させているため、年々貸し付けを減らしています。
ます。
消費者金融がこの対象であり、銀行の場合はこの法律の対象外です。